FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BILL LaBOUUNTY with LARRY CARLTON

Bill labounty


先日、奥様と COTTON CLUB TOKYO に LIVE を観に行ってきました。

70年代後半~80年代にかけて一世を風靡した AOR ブームに活躍した

BILL LaBOUNTY です。

40代以上の方ならご存知の方も多いと思いますが、
当時、ドライブデート用に作ったカセットテープには、
誰でも、彼の曲を必ず入れていたものです。 イヤ、本当!

しかし、当時他に流行っていた、
ボズ・スキャッグスや、
ボビー・コールドウェルと比べると、
少々地味と言うか、
派手さに欠けると言うか、
同じような曲調が多かったせいか、

「デートの後半に、二人の雰囲気を盛り上げるタイミングに、トドメの勝負曲として聴かせるゼッ!」 

っと言うよりは、

「車に乗った時、最初にかけて、センスの良さをアピールしましょっ!」 

・・・ってな使い方をされていた様ですな。 笑

いずれにしてもー、ウ~ン 青春のメロディーといった所であります。



そうそう。

BILL LaBOUUNTY が当時日本であまりブレイクしなかった理由のもう一つが・・・、

コレ! ↓

billlabounty.jpg

いくら・・・、

(Produce)  Russ Titelman、
(String Arr) Nick DeCaro、Johnny Mandel、
(Horn Arr ) Jerry Hey、
(Key、Vo)  Bill LaBounty、
(Key) Greg Phillinganes、Ian Underwood、Clarence McDonald、
(G) Dean Parks、Steve Lukather、
(B) Chuck Rainey、Willie Weeks、
(Ds) Jeff Porcaro、Steve Gadd、Andy Newmark、
(Perc) Lenny Castro、
(Tp) Jerry Hey、Chuck Findley、
(Sax) David Sanborn、Kim Hutchcroft、
(Back Vo) Patti Austin、James Taylor、Leslie Smith、Stephen Bishop、Jennifer Warnes


こんなに、豪華なアーティストが参加している、スンバラシイ音のレコードだとしても・・・。


このジャケットじゃ、買わないっしょ~!


って言う訳で、この後日本版のジャケットは、
プールに水着に女性が浮いてる写真バージョンとか、
イラストバージョンなどに変更され、
最終的には計4種類のジャケットが存在するのでした。
メデタシ メデタシ 。



話は戻りますが、今回のライブ。
その、青春のメロディーと歌声をサポートする為に、
なんとっ! ゲストに古くからの仲間であり、
今回発表されたニューアルバムにも参加している、
LARRY CARLTONがゲスト参加という事で、
これまた大変期待しておりました。

さて、演奏の方は・・・。

良かったですよ~! 涙

久しぶりに号泣させていただきました。

BILLは、それほど唄が上手い方ではないと思いますが(失礼!)、
あの声、あのメロディーには、身も心も癒されます。
LARRYのエモーショナルな泣きのギタープレイにもやられましたね~。
(さすがに、ROOM335は演ってくれませんでしたよ。笑)

大人のサウンドに酔いしれた夜でした。




BILL LaBOUNTY ( vo , key )
LARRY CARLTON ( g )
SAM LEVINE ( sax, vo )
MARK T. JORDAN ( key, vo )
DANNY PARKS ( g, vo )
DOW TOMLIN ( b )
TOMMY WELLS ( ds )







スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。