スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Martin OOO-28 リペア(その2)



前回にひきつづき、アコギな話題です。

先週の日曜日に、コンタクト・ピエゾピックアップ取付の為に入院した
マーチン君ですが、入院先の アンフィニカスタムワークス さんから早々に作業完了の知らせを受け、受取に行ってまいりました。

今回、アンフィニオリジナル・コンタクトピックアップ 取付と同時にお願いした内容は、下記の通りです。

※ サドル再製作交換調整
※ ナット再生策交換調整
※ ブリッジピン・フィッティング
※ ストラップピン取付

どんなイイ子に生まれ変わったか期待しながら、
一週間ぶりに我がマーチン君に再会した訳ですが、
はてさて、その音は・・・。

「スゲ~ッ!」

サドル交換で、指板のRにそった弦高にしていただいたり、
ナット交換で、従来バラツキのあったナット部における各弦の弦高を調整していただいたおかげで、弾きやすくなったのはモチロン、
ブリッジピン・フィッティングによって、弦の振動がボディーへ効率よく伝わる様になったせいか、生音が大きくなりました。
ドレッドノートまでとはいきませんが、OOOの小ぶりなボディーにしては
十分な響き方です。
まさに、眠りから覚めた感じ。

「ヘェ~、こんなに変わるものなんですねー。」


増設していただいたコンタクトピックアップもスバラシイ!!
マグネティックPUとコンタクトPUをブレンドした際の、サウンド調整の仕方もレクチャーしていただき、
やっと、アコギらしい音が表現できる環境が整いました。

それにしても、試奏ルームで試させていただいた
デュアルチャンネルプリアンプPM-200efは、噂通り良かったです。
マグネティックPU・ピエゾPUそれぞれの特性に合わせた、独立したEQが備わっており、大変広いレンジのサウンド・メーキングが可能です。
ナルホド、多くのプロが使っている訳ですね。
(是非、お年玉を貯めてGetするゾーッ! 笑)


ストラップピンの取付は、ボディーにネジ穴を開ける為に迷ったところではありますが、
やはり、プレイヤビリティーを考えて、ベストな位置にロックピンを取り付けていただきました。

Martin 010




それでもって、ペダルボードですが、


Martin 008


Martin 009


こちらも、写真の様な具合に。
ギターショップZ'sで、インターフェースをデュアル・インプット用に改造していただきました。


しばらくは、こんな感じで行こうと思いますが・・・、
優れたGearを紹介されると・・・、
ついつい、オタク心に火が付いて・・・、
既に心は、PM-200efを導入した、次なる新システム構築に・・・、
思いをはせるのでありました。











スポンサーサイト

テーマ : ギター
ジャンル : 音楽

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。