FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fender Stratocaster



FenderST 002

写真のGuitarは私が高校生の頃(1980年かな?)、旅行で訪れたLAのGuitar Centerの近くにある中古ギターショップで購入した物です。

購入した時には店の方に1972年製と言われ、最近までずーっとそれを信じておりました。
当時から72年以降のいわゆる3点留めネックのSTは、日本でもあまり評判が良くなく、1970~71までのラージヘッド4点留STが欲しかったのですが、いくらアメリカとは言え4点留となると値段もグッと上昇、又当時の為替レートが$1=220円位だった事もあり高校生の私にはとても手が出せる代物ではなく、しかたなくコレを買ったのを覚えています。

大学に入った頃から、FusionやAOR等いわゆるLA soundを好んで聴く用になった私にはこのSTの出番は無くなり、当時のBand仲間に貸した(拉致された?)後、数人の手を渡り歩き、それっきり行方不明になっていたのですが、なんと!昨年末24年ぶりにに奇跡的にも私の手元に戻ってきました。

しかしその容姿と言うと、オリジナルのシースルーモカブラウンだったBodyは黄色のペンキが塗られ、Pegは交換され、ブリッジの駒は社外のブラス製に替えられており、オマケに千社札が貼ってあるという状態。

サ~大変!と言う事で、リペアショップへ持ち込みBodyのリフィニッシュ(木目が生かせる状態ではなかった為、黒ラッカー塗装にしました。)から始まり、電気系、Peg交換(USA製が手に入らなかったのでfenderJapan製F KEY)、Bridge交換(GOTO)、各部調整etc・・・、オリジナルのルックスを保ちながら楽器として問題なく使える状態まで直してもらいました。

その際判明したのですが、SN及びもともとのBodyカラーから本機は1973~1974前期製である事が確認されました。(まー、その辺は全然拘らないのですが・・・)


FenderST 003


おかげで、プレーヤーズコンディションとしてはまずます。Bodyも乾いているせいか、又はセッティングのお陰か、結構鳴りも良いです。ただし、PUの出力が落ちてきている様で若干バランスが悪いので、Suhr FLあたりに交換をしようと企んでおります。

またまた、オリジナル度が低くなっていきますが。今となっては青春時代の思い出のGuitarなので、大事に弾き続けてみたいと思う一本ですね。

PU交換したら、又レポします。
スポンサーサイト

テーマ : ギター
ジャンル : 音楽

コメント

非公開コメント

No title

はじめまして!
すてきなブログですね。

私は投資系サイトをやっています。
よかったら一度、遊びに来てください。

スキャルピング道: http://scalpingdo.com/

黄色のストラト

本当はこんな風貌だったんですねぇ。
ハジメマシテ!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。