スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Xotic Effects



Xotic 001

XoticのBooster3兄弟です。
ケースの色からして、それぞれの役割がなんとなく判りますよね。

スタジオに行く時もこれだけ持って行けば(先日紹介したPedal Boadを持って行かなくても)、結構イイ音が出ちゃいます。笑
特にTrebleとBassのEQが便利で、スタジオに置いてあるAmpの特性に合わせて調整してます。

主にBBで基本の歪みを作って、ACやRCはBoosterとして使うといった感じで使用しておりますが、
一度使うとクセになります!
詳細についてはPCIのHPをご覧になってください。

上の3色以外にも、ケースの色違いや材質違いが出されておりますが、ギタリストの天野清継さんによると、それぞれ微妙に音が違うとの事です。
全部そろえるのは大変ですが、今度Shopで聴き比べてみたいですね。

Xotic 002

コレは先日1000台限定と言う文句につられて、購入してしまいましたRC BoosterのScott Hendersonモデルですが、コレはこれで良いですね。

私見ですが、クリーンサウンドで掛けっぱなしにして、音に艶や色気を出させるならノーマルの方が良いかも知れませんね。RCB-SHは良い意味でその辺のクセが弱まっている代わりに、歪ませてコードを弾いた時等でも、全ての音域が鳴ってるって感じがします。
どちらも個性があってすばらしいので、バンドの編成や曲のジャンルによって使い分けてみようと思います。
スポンサーサイト

テーマ : ギター
ジャンル : 音楽

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。