FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Viola



ビオラ 003


今夜、ウチの奥様は我々一人と3匹を残して(晩飯の支度もせずに)、クラシックコンサートへ出かけました。

場所はサントリーホール。

久しぶりに都心(マチ)へ出るとあって、昨晩からソワソワしておりましたが、一張羅を着るってーと、嬉しそうにでかけて行きましたよー。

あっ、そうそう。ウチの奥様も楽器やってるんですよ。
ヴィオラってやつ。
知ってます?
私は子供ん時に、何かの拍子で教わったお陰で知っていましたが、クラシックファンでもなければ音楽に詳しくもない人は、ほとんど知らない楽器です。(申し訳ありませんが、ホントです。)

ご存知の方にはあたりまえの事だと思いますが、ご存知ない方の為に少し説明しますってーと・・・、
見た目は、ヴァイオリンとほっとんど一緒で、楽器のサイズがちょっと大きくなってます。
弾き方も一緒なので、見た目ヴァイオリンとあまり区別がつきません。
音程は、ヴァイオリンより5度低く、チェロより1オクターブ高くなっております。
皆さんが知っている有名人でヴィオラを弾いている方と言えば、皇太子がそうであります。(ヴァイオリンだと思ってたでしょ~?)

基本的に旋律パートよりは伴奏パートを担当する事が多いので、
ウチの奥様が家で練習をしている時も 「ツンツン・ ツンツン・・・ ツー・ツー」 てな具合で、何の曲を練習しているのかさっぱり判りません。

この地味な楽器を奥様は中学~高校まで学校の部活で弾いておりました。その後ず~っと押入れの肥しにしておりましたが、近年の我が家の楽器ブームに合わせて再開したと言う訳です。

そんな素人ですが、縁あって昨年より、アマオケに参加させていただいておりまして、周りの上手な方々に多大なるご迷惑をおかけしながら、なんと既に3回のフルオケコンサートと、数回のアンサンブルコンサートに出演させていただいております。
さすがに、本人も腕の未熟さ加減に危機感を覚えた様子で、昨年秋よりレッスンに通っており、本日のコンサートと言うのは、その先生が出演されるコンサートなんだそうであります。

演奏曲は
ベートーヴェン / 「エグモント」序曲 作品84
プロコフィエフ / ピアノ協奏曲 第3番 ハ長調 作品26
チャイコフスキー / 交響曲 第6番 ロ短調 作品74「悲愴」

コンサートの予習と言う事で、ここの所ウチのOfficeでは、上記の曲が一日中流れておりました。
私もクラシックは好きな方ですが、なにせ、一日中同じ曲が繰り返されてるって言うのも・・・。
と言う訳で、奥様が出かけるとAC/DC落語をかけて気分転換しております。

ところで、クラシックコンサートのチケットって結構高いんですよね。しかし、
「やはり、プロが奏でる生の楽器の音を聴く事が、一番のレッスンになるんだろうから、遠慮せず行っといで!」と私。
「行きたいって言ったら、招待券もらっちゃったー!」と奥様。
「・・・・・。」

オメー、ここでも迷惑かけてんじゃねーよ。



スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。