FC2ブログ

THE YELLOWJACKETS featuring MIKE STERN

CC


日曜日に引き続き,昨晩は、abcafe bandのサウンドの要であり、JazzmenのProfessor Shigabrielさんよりお声をかけて頂き、
丸の内のCOTTON CLUB

THE YELLOWJACKETS
featuring
MIKE STERN


のLiveを観に行ってきました。

観たかったんですよね~。黄ジャケもM.Sも。

マイク・スターンは、マイルス・デイヴィスが1981年にカムバックした際、ギタリストとして抜擢された程の、テクと感性とセンスの持ち主。
マイク・スターンバンドの時とは、やはりちょっと違うプレイスタイルにするのかな? と思っておりましたが、やはり彼は彼。
おなじみの、ピッチシフターを使い、ちょっと原音にずれた音を重ねる事で強めのコーラス効果を持たせた音と、Jazz色の強いナンバーの中でも、いきなりオーヴァードライブの効いた音で弾きまくるギターソロ。
ギターの指板の端から端まで、縦横無尽に駆け回る左手の指を見ていると、この人の頭の中はどうなってるんだろう?と思います。
そういえば、今回G AmpはFenderのTwin Revervが2台でしたね。
レンタルの様でしたが、2台とも使っていた様ですので、一台がサブと言う訳ではなく、ステレオで鳴らしていたのかな?


今回のこのセッションの母体となる黄ジャケの方は、もちろん最高!。
オリジナルメンバーの Russell Ferrante Jimmy Haslip 、3人目?のSaxプレーヤーのBob Mintzer等の老練な(そんな年寄りじゃないかっ。)プレイも楽しめましたが、一番若いDrのMarcus Baylorがとても印象的でした。

いや~、楽しかったな~。

でも、せっかくCOTTON CLUBなのですから、今度はいつか、奥様とDinnerなんかいただきながらLive鑑賞する、なーんて言う楽しみ方もしてみたいものです。
だから・・・、
「お小遣い上げてくださ~い。」


< オマケ >
Liveが2ndだったので、始まるまで近くの饂飩屋でウドンを食べていたら、隣のテーブルに女優の
長○ま○み さんがいらっしゃいました。
チョットうれしかったりして・・・。

スポンサーサイト



テーマ : 音楽的ひとりごと
ジャンル : 音楽

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード